FUNFAN projet

FUNFAN展は、2006年の日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)の全国大会時に、故福田繁雄氏が、香川の伝統的工芸品の丸亀うちわをキャンパスとしたデザイン展を発案したことに始まります。グラフィックデザイナー71名が「見るだけで涼しくなる」丸亀うちわをデザインし各地で展示販売しました。

2007年には、海外23カ国61名、国内19名のグラフィックデザイナーが参加し、国内、イタリア、台湾、チェコ、アメリカなどで展示しました。 2008年には、北海道洞爺湖サミット参加国で活躍する25名のグラフィックデザイナーが「環境」をテーマにうちわを制作し、国際メディアセンターなどで展示や配布を行い好評を得ました。

2009年より、タイ、ベトナム、ラオス、カンボジア、パラグアイでも開催し、2011年のラオスでの展示会をきっかけにJICAの協力を得てスタートした「香川らしい国際協力プロジェクト『ラオスうちわ産業振興支援プログラム』」が進行中です。

FUNFAN展を通して、「丸亀うちわ」の愛の風が世界中に届いて行くことを願っています。

Scroll Up