FUNFANとは

 2006年、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)の年次大会が香川県にて開催される際に、福田繁雄JAGDA会長(当時)の発案・プロデュースで、日本全国から71名のグラフィックデザイナーが、「見るだけで涼しくなる」丸亀うちわをデザインし、香川県内、松屋銀座等で展示したことに始まります。
 それまでのJAGDAの年次大会ではポスター展などがよく企画されていましたが、2006年は、香川らしいものをという、福田繁雄会長(当時)のお考えにより、国の伝統的工芸品「丸亀うちわ」にデザインをすることにしました。

 2007年、香川県、丸亀市、香川県うちわ協同組合連合会、香川県デザイン協会、日本グラフィックデザイナー協会と共同して、”世界に愛の風を!”をテーマに、「丸亀うちわ」を世界の著名なグラフィックデザイナーがデザインした「丸亀うちわFUNFAN展」を、県内や首都圏はもとより、フィレンツェ、ローマ、台南など海外5都市で開催しました。

Translate »